月別: 2017年10月


今年はどうする?おせちと家族の思い出

2017年10月1日

未分類

今年はどうする?おせちと家族の思い出 はコメントを受け付けていません。


我が家では毎年母親が作ったおせちを食べています。
最近は姉が仕事の関係でおせちを購入することもあります。
きちんとお重に入ったものは母親は作らないので、テーブルに並んでいるだけでお正月という感じが一気に増します。
それに、姉が選んで購入しているので、中身は当日のお楽しみです。
誰も知らないので、「お!こんなのが入っていた!」と中身の話しでかなり盛り上がります。
我が家は特に好き嫌いがあまりないのですが、家族のほとんどが好きな具は伊達巻です。
特に父親が伊達巻が好物と言っていいくらい好きなので、大量に用意しています。
あとは蒲鉾もかなり多く用意しているようです。
メーカーごとに味が違うと、父親が言うのでココ!という決まったメーカーは必ず用意しているようです。
それでも、一応別のメーカーのものも用意していて、毎年味比べをしています。
小さい頃は食べる専門で、手伝いは特にしていませんでしたが、大人になって少しずつ手伝うようになりました。
人参の千切りは酢の物やきんぴらなど、様々な料理に使えるので、あらかじめ切っておきます。
昨年もひたすら千切りを用意した記憶があります。
あまり綺麗に切れず、母親に「これ、すごい太い奴が混ざってる」と言われたこともいい思い出です。
今年は私が結婚してしまったので、もう一緒に準備することもないのかなと少し寂しい思いがあります。
もう少し、一緒に準備をして、我が家の味をきちんと勉強しておけばよかったなと後悔しています。
どうすれば楽になるのかとか、こういう手順で準備をしているとか、どのくらいの量を購入しているのか、とか。
母親からいろいろと聞いておけばよかったなと今になって思います。
結婚した相手の家はあまりおせちを作ったりしないようなので、今後、前もって準備をしておいたおせちを食べるということも少なくなるかもしれません。
購入したおせちも良いのですが、やっぱり手作りのおせちが食べれると嬉しいですよね。
できたら、やわらかおせち高齢者も配慮して作りたいと思っています。
高齢のおじいさん、おばあさんにも喜んでもらえるように、頑張って準備できるように、しっかりやらないといけませんね。